「2013年7月」の記事一覧

閉塞性睡眠時無呼吸症候群には減量療法

閉塞性睡眠時無呼吸症候群には、減量療法と呼ばれる手段があります。 これは患者が肥満の場合、ダイエットによって改善させる方法です。 肥満の場合、上気道周辺に脂肪がついてしまい、それが原因で気道を塞いでいることが多く、痩せる・・・

睡眠時無呼吸症候群は肥満者は三倍以上のリスク

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、上気道の閉塞が原因で発生し、肥満者は普通の人よりも三倍以上のリスクがあると言われています。 睡眠時無呼吸症候群は、もともと肥満体型の人に発生しやすいと言われているため、太っている人は健康のため・・・

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の種類の一つに、閉塞性睡眠時無呼吸症候群があります。 睡眠中に舌などが気道を塞いでしまうことが原因です。 この場合、治療で多く用いられるのがマウスピースの存在です。 マウスピースを使って、気道を塞がない・・・

睡眠時無呼吸症候群は男性に多い

睡眠時無呼吸症候群は男性に多いと言われています。 女性よりも、男性の方がかかりやすい特徴があり、また肥満の人に表れやすい傾向があります。 この結果、中年太りをしてくる中高年になってくると、男性は睡眠時無呼吸症候群を発症し・・・

睡眠時無呼吸症候群のスリープスプリント療法

睡眠時無呼吸症候群には、スリープスプリント療法という治療方法があります。 スリープスプリントというのは、マウスピースのことです。 睡眠時無呼吸症候群は、寝ている時に起こるので、本人が無意識のうちにやっているので、どうして・・・

睡眠時無呼吸症候群は呼吸器科へ!

睡眠時無呼吸症候群では、睡眠ポリソムノグラフィ検査というものがあります。 これは脳波、眼電図、頤筋筋電図を利用して呼吸パターンをチェックすることです。 呼吸パターンのデータ収集を行なうもので、非常に専門的な治療です。 睡・・・

同居者がいないと睡眠時無呼吸症候群は発見が困難

睡眠時無呼吸症候群は、自覚症状がないので、家族など同居者がいない場合、発見が非常に遅れてしまいます。 これが睡眠時無呼吸症候群の怖い所だと思います。 自分が寝ている最中に呼吸をしているかどうかなんて、自分で確かめるのは難・・・

中枢性睡眠時無呼吸症候群

中枢性睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時無呼吸症候群の種類の一つです。 中枢性睡眠時無呼吸症候群は、重症心不全などによって生じる呼吸関係の障害が原因で、睡眠時の呼吸が止まってしまいます。 寝ている間に、呼吸が止まってしまうと、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ